お問い合わせ
  

用例検索機能

辞書があれば語句の意味は調べられます。しかしその語句が実際の文章の中でどのように使われているのかについては辞書だけでは苦しいところ。そこを用例検索がカバーします。また用例にはありとあらゆる語句の組み合わせが含まれており、その数は辞書の比ではありません。特に英文作成に絶大な威力を発揮します。
・検索語を選ばない用例検索
たとえば「・・・を用いれば・・・できる」という英文を作成したい場合、辞書なら「用いる」や「できる」などの語句で検索する必要があります。しかし用例検索は違います。
「を用いれば できる」と入力すれば、求める用例がすぐに手に入ります。

単語のコロケーションを調べたい場合、たとえば「buy 物 for 人」なのか、「buy 物 to 人」のかを迷ったら、「buy for」と「buy to」で検索すれば、buyの前置詞がforであることがすぐにわかります。

冠詞は日本人の誰もが苦手にするところ。「電車にのる」はget on the trainなのかget on trainなのか、「乗り換える」はchange trainなのかchange the trainなのか、用例検索なら一発で答えが出ます。

検索語として入力した語句がデータの中に存在すれば、「ひらがな一文字」であってもその語句を含むデータをヒット用例として表示しますので、上記以外に無限の検索パターンがあります。
                                  <<用例検索のヒント>>

・充実の検索結果ソート機能
熟語・AND・OR検索でヒットしてきた用例を一致度でソートすれば類似文を大量に検索できます。
さらに気に入った用例をあとで簡単に呼び出せる「お気に入り登録機能」も備えています。
・文脈に応じた訳語も確認できます
対訳君の内蔵データは、ヒット用例の前後が確認できる「連続表示」機能に対応。全体の流れを確認できると同時に、レターなら丸ごと引用することも可能です。