お問い合わせ
  

対訳枠の使い方のヒント


ここでは、新しい発想から生まれた「対訳枠」だけのユニークな使い方をご紹介します。
 

動詞はわかるけど、前置詞が決まらない時
【例1】英文を作成している時に、メインの動詞は辞書を引けばわかるけど、それと相性のよい前置詞がわからないことはありませんか。
例えば、「〜による死亡」という表現をしたい時、「death」は辞書で簡単に見つかりますが、果たして「death from 〜」なのか、「death of 〜」なのか、「death by 〜」なのかわからない時、
による死亡 death」で【AND】検索(すべての語を含む項目を検索)してください。

英語「death」の後にきている前置詞は、「from」であることがわかります。


  





訳は一応つけたけど自信がない時
【例2】一見簡単そうな文章でも、表現に悩むことがあります。
例えば、addressなどは、ちょっと日本人には訳しにくい表現ですよね。
「Empiric data are needed to address these questions.」
辞書では、動詞のaddressは、「話しかける」「演説する」「申し込む」「提出する」「扱う」
「処理する」「宛名を書く」「あてにする」などが見つかりました。でも文脈から考えて、
「このような疑問に対処するためには、経験的データが必要である。」と訳そうかと思いました。
そんな時は、念のため「address 対処する」で対訳枠で検索してみましょう。

たくさんの文章が検索されました。訳に自信が持てたと思いませんか?


  






使用頻度を比べて訳を選択する
【例3】どちらも間違いじゃないけど、どっちがより一般的な訳語かを迷うことがありますね。
例えば proteinは、「タンパク質」、「蛋白質」のどれにしようかと迷った時は、入力欄に英語とそれぞれの日本語を入れて【AND】検索(すべての語を含む項目を検索)して、ヒット数を比べてください。



  






  




 
   英文作成時に日本語のキーワードを入れる

【例1】(ビジネス向け)
例えば、会社の創立記念パーティ開催の案内文を書く場合に
創立記念 パーティ 開催」で
OR】検索(いずれかの語を含む項目を検索)で、【】(一致度)ソートをしてみましょう。 


  






【例2】(医学向け)
「結果からは、各治療群間で統計的有意差は見られなかった。」という文章を英訳する場合に
結果 治療群 統計的 有意差」で
OR】検索(いずれかの語を含む項目を検索)で、【】(一致度)ソートをしてみましょう。 


  





【例3】(一般向け)
「空港に着く時間には、必ずお迎えに行きます。」という文章を書く場合に
空港着 時間 必ず 行き」で
OR】検索(いずれかの語を含む項目を検索)で、【】(一致度)ソートをしてみましょう。

(サンプルでは、製品版付属データの他に朝日出版「SENTENCE」を使用しています)

 
  





注意:
OR】検索(いずれかの語を含む項目を検索)で、【】(一致度)ソートすると、入力するキーワードに頻出語(前置詞、冠詞、代名詞、不定詞など)が含まれるとほぼすべての語を検索することになり、ソートに大変時間がかかります。検索語に頻出語を入れないようにお願いします。
 
 

学校で習っている構文の文例を見る
【例1】日本人なら誰もが苦手な IF構文で、過去の事実を悔やむ表現は、え〜と・・・と頭の中で考えるより、例文を丸暗記した方が早いかも。
例えば「if had would have」で【AND】検索(すべての語を含む項目を検索)してみましょう。

(サンプルでは、製品版付属データの他に朝日出版「SENTENCE」を使用しています)

気に入った例文は、【お気に入り】登録(文末の[+]をクリック)をしてください。忘れた時にすぐに呼び出せます。


  




 

お決まりの手紙を簡単に書いてしまう
【例1】「対訳君」製品版付属の対訳集では、全て「目次」と入力すれば、各対訳集の目次が表示されます。
結婚のお祝い、お悔やみの手紙、就職の申し込み、ホームスティ先へのメールなど一部を変えるだけでOK。

MCLオリジナルレター集の「目次」を見てみましょう。


  




 上記の例で、「会合の詳細報告」の[連続表示]を開くと → 
 その前後の内容を連続して対訳で見ることができ、内容からさまざまな情報が得られます。


医学情報を探す
【例2】医学版に付属しているメルクマニュアルはほとんど全ての科の疾患について解説しています。
連続して読むと英語と同時に医学知識も身につきます。

メルクマニュアルの「目次」を見てみましょう。※お断り:第2節のみの表示です。


  




 上記の例で、1番上の[連続表示]を開くと → 
 その前後の内容を連続して対訳で見ることができ、内容からさまざまな情報が得られます。