お問い合わせ
  

対訳データ作成サービス


過去の翻訳資産をすべて一文一文対訳にし、「対訳君」インポートデータを作成するサービスです。
ワード文書などで原文・訳文が別々に保管されている場合など、内容を確認しながら一文一文対訳
にする作業には、翻訳資産が膨大であればあるほど時間を要します。
MCLでは語学の専門家とシステムエンジニアが一体となり、この「手間のかかる」作業をお手伝い
する体制を整えております。

内容の再校正や、用例がヒットした場合にその前後もあわせて表示する「連続表示機能」にも対応
致します。またデータは圧縮・暗号化いたしますので大切な情報が安易に外部に漏れることはあり
ません。この機会に眠っている資産の有効活用を図ってみてはいかがでしょうか。