お問い合わせ
  

製薬会社にお勤めの方


プロの医学翻訳者のアイデアを元に開発された「対訳君:医学版」は、製薬会社や研究所などでも
威力を発揮します。11万を超える医学用例とほぼ全科を網羅する医学情報が、製薬会社の社内翻訳
や研究報告書などの作成に力強い味方となります。またデータベースとしてもご利用いただくと、研究開発の効率も飛躍的にアップすること間違いなし!

  <<使い方の一例>>

 医学情報満載
ほぼ全科を網羅する「メルクマニュアル第17版」、あらゆる癌の最新情報をお届けする「最新がん情報」は、単に医学用例としてだけではなく、連続でお読みいただくことで医学知識や薬剤の情報源としてもお使いいただけます。A薬とB薬が併用される疾患は?また、この疾患の標準治療法は?など、求める情報が瞬時に得られる!論文作成のための教科書的存在として長年親しまれてきた「医学英語慣用表現集」は研究者の強い味方です。
 自然科学分野の用語や統計用語を含め170万以上の見出し語
「対訳君:医学版」には「医療統計用語辞典」はじめ「ライフサイエンス辞書」「英辞郎」が内蔵されています。専門用語は次から次へと生まれてくるので、それでもまだ足りないという方は、別売になりますがステッドマン第5版やプロメディカ、その他EPWING形式やシステムソフト電子辞典シリーズの100種類を超える市販辞書の中からお好きなものを登録して串刺し検索してください。何冊もの辞書を初めて串刺し検索した時の感動は、きっと忘れることができないと思います。
 社内翻訳の効率が飛躍的にアップ

翻訳者の間で人気の翻訳メモリー。これは以前に翻訳された文章をデータベースに対訳で登録しておき、次に似た文章を翻訳する時に、そのデータを呼び出し一部を修正して再利用するものです。この機能は、長期に渡る新薬開発などに関する一連の資料を翻訳をする際に大変役立ちます。プロの技術を是非有効活用して下さい。

 大切な「知的財産」の管理/共有化
対訳君に登録できるのは、英語と日本語の対訳だけではありません。会議の議事録から研究メモ、薬剤情報などなんでも登録/共有できます。どのような検索語を入力しても、入力した語句がデータの中に存在すれば、「ひらがな一文字」であってもそれを含むデータを引き出すことができます。
社内回覧板などもデータとしてLANに保存しておけば、キーワードで一瞬のうちに探しだすことができます。
   企業、団体様向けにサイトライセンス/ユーザーサポートプログラムもございます。
    インストラクターによるデモンストレーションも承っております。

                 <<企業・各種団体様向翻訳資産有効活用サポートサービス>>



 自動翻訳
機械翻訳はまだまだ実践レベルでは使えないという判断のもと、「対訳君」にはあえて自動翻訳機能
は実装しませんでした。それでも十分お役に立ちます。