お問い合わせ
  

ランダム化

In a placebo-controlled, double-blind randomized study of 57 patients receiving radiation therapy for head/neck and lung cancer, megestrol acetate (MA) was administered at a dose of 800 mg per day.
頭頸部および肺の癌に対する放射線療法を受けている患者57人のプラセボ対照二重盲検ランダム化研究において、酢酸メゲストロール(MA)が800 mg/日の用量で投与された。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A randomized clinical trial found that zinc sulfate during treatment may be helpful in expediting the return of taste after head and neck irradiation.
1つのランダム化臨床試験によって、頭頸部への放射線照射後、味覚の回復を促進する際に、治療中の硫酸亜鉛の利用が有効であることが明らかになっている。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]


The Alpha-Tocopherol Beta-Carotene Cancer Prevention Study, a randomized trial (n=29,133), found that daily supplementation with 50 mg alpha-tocopherol was associated with a 41% reduction in prostate cancer mortality.
ランダム化試験(n=29,133)のAlpha-Tocopherol Beta-Carotene Cancer Prevention Studyでは、1日50 mgのα-トコフェロール補給により、前立腺癌死亡率の41%の減少と関連していたことが判明した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]


The highest Level of Evidence (“good”) is that obtained from several well-designed and well-conducted randomized controlled trials (RCTs) in generalizable settings with generalizable populations that report evidence about both benefits and harms.
最も高い証拠レベル(「強い」)は、一般化が可能な設定で一般化が可能な集団を用い、有益性と有害性の両方についての証拠を報告する、デザインと運営が優れた数件のランダム化対照試験(RCT)から得られるものである。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Evidence obtained from randomized controlled trials (see below).
複数のランダム化対照試験から得られた証拠(下記を参照)。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Evidence obtained from nonrandomized controlled trials.
複数の非ランダム化対照試験から得られた証拠。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Several randomized trials with cancer patients have suggested that group support interventions benefit survival.
癌患者に関する複数のランダム化試験がグループによる支持介入が生存に有益であることを示唆している。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A randomized trialcompared the effects of a mind-body-spirit group to a standard group support program for women with breast cancer.
あるランダム化試験が、乳癌の女性に対する標準グループの支持プログラムと精神-肉体-霊グループの効果を比較した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

One hundred five patients with advanced CMML were enrolled in a randomized clinical trial comparing treatment with hydroxyurea versus treatment with etoposide.
進行期のCMML患者105人が、ヒドロキシ尿素による治療とエトポシドによる治療を比較するランダム化臨床試験に登録された。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a randomized study of patients with clinical early-stage Hodgkin’s lymphoma, published only in abstract form, 4 months of ABVD followed by involved-field radiation or extended-field radiation showed equivalent overall survival and freedom from progression with 7 years median follow-up.
抄録の形で発表されているにすぎないが、臨床早期ホジキンリンパ腫患者を対象としたランダム化試験では、4ヵ月間のABVD後、浸潤領域への放射線照射または広範囲放射線照射を実施し、中央値にして7年間追跡したところ、全生存率および無増悪生存率は両群とも同程度であることが明らかにされた。[証拠レベル:1iiA[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The German Hodgkin's Lymphoma Study Group randomized 1,201 patients with advanced-stage disease to COPP/ABVD, BEACOPP, or to increased-dose BEACOPP, with most patients receiving consolidative radiation therapy to sites of initial bulky disease (>/=5 cm).
German Hodgkin's Lymphoma Study Groupは、進行期の患者1,201人(ほとんどの患者は最初の巨大腫瘤(5 cm以上)の部位に地固め的放射線療法を受けている)をCOPP/ABVD、BEACOPP、または用量を増加したBEACOPPにランダム化した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Three prospective randomized trials did not show a benefit in overall survival from the addition of consolidative radiation therapy to chemotherapy for patients with advanced-stage disease.
進行期患者に対する化学療法に低線量の地固め的放射線療法を追加した3件のプロスペクティブなランダム化試験は、全生存率の点で有益性を示さなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Randomized trials have never addressed the role of combined modality therapy for early-stage bulky disease (>/=10 cm) (especially massive mediastinal disease).
早期の巨大腫瘤(10 cm以上)(特に巨大縦隔腫瘤)に対する集学的治療の役割の問題を扱ったランダム化試験は、未だ実施されていない。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a prospective randomized trial of 163 patients with unfavorable advanced-stage disease who attained a complete or partial remission after 4 cycles of ABVD, there was no difference in overall or failure-free survival with either high-dose therapy with autologous stem cell transplant or with 4 more cycles of ABVD.
ABVDの4サイクル後に完全または部分寛解を達成した予後不良の進行期患者163人のプロスペクティブランダム化試験では、自家幹細胞移植を伴う高用量療法またはABVDのさらに4サイクル実施に関して全生存率または無失敗生存率における差は認められなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a study of 376 pathologically staged patients with stage I or II disease and no unfavorable features, all patients received 40 Gy to involved field areas, but were randomized to receive either 40 Gy or 30 Gy to uninvolved extended field sites.
病理学的に病期IまたはII期であり、かつ予後不良の特徴を示さない患者376人の研究では、すべての患者が浸潤領域に40Gyの放射線照射を受けたが、浸潤が及んでいない部位を含む広範囲照射野に対しては、40Gy照射群と30Gy照射群とにランダム化された。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A randomized study of clinically-staged patients (no laparotomy) compared subtotal lymphoid irradiation to 3 months of AV followed by subtotal lymphoid irradiation; the combined modality arm showed superior failure-free survival (94% versus 81%, P<.001), but not overall survival at 3.3 years median follow-up.
臨床的に病期を決定した患者(開腹術は施行していない)のランダム化研究は、亜全リンパ節照射群とAVを3ヵ月間投与したのち亜全リンパ節照射を実施する治療群とを比較した;中央値にして3.3年間追跡したところ、併用治療群の方が無失敗生存が高かった(94% vs 81%、P<0.001)が、全生存率に群間差は認められなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a randomized study of patients with clinical early-stage Hodgkin’s lymphoma, published only in abstract form, 4 months of ABVD followed by either involved-field radiation or extended-field radiation showed equivalent overall survival and freedom from progression with 7 years median follow-up.
抄録の形で発表されているにすぎないが、臨床早期ホジキンリンパ腫患者を対象としたランダム化試験では、4ヵ月間のABVD後、浸潤領域への放射線照射または広範囲放射線照射を実施し、中央値にして7年間追跡したところ、全生存率および無増悪生存率は両群とも同程度であることが明らかにされた。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A randomized study comparing 4 months of ABVD versus 2 months of ABVD plus extended-field radiation therapy is being conducted by the National Cancer Institute of Canada and by the Eastern Cooperative Oncology Group.
4ヵ月間のABVDと2ヵ月間のABVD+広範囲放射線療法とを比較するランダム化研究がカナダ国立癌研究所(NCIカナダ)および米東部腫瘍共同研究グループ(ECOG)によって実施されている。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a study of 376 pathologically staged patients with stage I or II disease and no unfavorable features, all patients received 40 Gy to involved field areas, but were randomized to receive either 40 Gy or 30 Gy to uninvolved extended field sites.
病理学的に病期IまたはII期であり、かつ予後不良の特徴を示さない患者376人の研究では、すべての患者が浸潤領域に40Gyの放射線照射を受けたが、浸潤が及んでいない部位を含む広範囲照射野に対しては、40Gy照射群と30Gy照射群とにランダム化された。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A randomized study of clinically-staged patients (no laparotomy) compared subtotal lymphoid irradiation to 3 months of AV followed by subtotal lymphoid irradiation; the combined modality arm showed superior failure-free survival (94% versus 81%, P<.001), but not overall survival at 3.3 years median follow-up.
臨床的に病期を決定した患者(開腹術は施行していない)のランダム化研究は、亜全リンパ節照射群とAVを3ヵ月間投与したのち亜全リンパ節照射を実施する治療群とを比較した;中央値にして3.3年間追跡したところ、併用治療群の方が無失敗生存が高かった(94% vs 81%、P<0.001)が、全生存率に群間差は認められなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a randomized study of patients with clinical early-stage Hodgkin’s lymphoma, published only in abstract form, 4 months of ABVD followed by either involved-field radiation or extended-field radiation showed equivalent overall survival and freedom from progression with 7 years median follow-up.
抄録の形で発表されているにすぎないが、臨床早期ホジキンリンパ腫患者を対象としたランダム化試験では、4ヵ月間のABVD後、浸潤領域への放射線照射または広範囲放射線照射を実施し、中央値にして7年間追跡したところ、全生存率および無増悪生存率は両群とも同程度であることが明らかにされた。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A randomized study comparing 4 months of ABVD versus 2 months of ABVD plus extended-field radiation therapy is being conducted by the National Cancer Institute of Canada and by the Eastern Cooperative Oncology Group.
4ヵ月間のABVDと2ヵ月間のABVD+広範囲放射線療法とを比較するランダム化試験がカナダ国立癌研究所(NCIカナダ)および米東部腫瘍共同研究グループ(ECOG)によって実施されている。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The German Hodgkin's Lymphoma Study Group randomized 1,201 patients with advanced-stage disease to COPP/ABVD, BEACOPP, or to increased-dose BEACOPP, with most patients receiving consolidative radiation therapy to sites of initial bulky disease (>/=5 cm).
German Hodgkin's Lymphoma Study Groupは、進行期の患者1,201人(ほとんどの患者は最初の巨大腫瘤(5 cm以上)の部位に地固め的放射線療法を受けている)をCOPP/ABVD、BEACOPP、または用量を増加したBEACOPPにランダム化した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The German Hodgkin's Lymphoma Study Group randomized 1,201 patients with advanced-stage disease to COPP/ABVD, BEACOPP, or to increased-dose BEACOPP, with most patients receiving consolidative radiation therapy to sites of initial bulky disease (>/=5 cm).
German Hodgkin's Lymphoma Study Groupは、進行期の患者1,201人(ほとんどの患者は最初の巨大腫瘤(5 cm以上)の部位に地固め的放射線療法を受けている)をCOPP/ABVD、BEACOPP、または用量を増加したBEACOPPにランダム化した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Three prospective randomized trials did not show a benefit in overall survival from the addition of consolidative radiation therapy to chemotherapy for patients with advanced-stage disease.
進行期患者に対する化学療法に低線量の地固め的放射線療法を追加した3件のプロスペクティブなランダム化試験は、全生存率の点で有益性を示さなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The German Hodgkin's Lymphoma Study Group randomized 1,201 patients with advanced-stage disease to COPP/ABVD, BEACOPP, or to increased-dose BEACOPP, with most patients receiving consolidative radiation therapy to sites of initial bulky disease (>/=5 cm).
German Hodgkin's Lymphoma Study Groupは、進行期の患者1,201人(ほとんどの患者は最初の巨大腫瘤(5 cm以上)の部位に地固め的放射線療法を受けている)をCOPP/ABVD、BEACOPP、または用量を増加したBEACOPPにランダム化した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Three prospective randomized trials did not show a benefit in overall survival from the addition of consolidative radiation therapy to chemotherapy for patients with advanced-stage disease.
進行期患者に対する化学療法に低線量の地固め的放射線療法を追加した3件のプロスペクティブなランダム化試験は、全生存率の点で有益性を示さなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Randomized trials have never addressed the role of combined modality therapy for early-stage bulky disease (>/=10 cm) (especially massive mediastinal disease).
早期の巨大腫瘤(10 cm以上)(特に巨大縦隔腫瘤)に対する集学的治療の役割の問題を扱ったランダム化試験は、未だ実施されていない。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a prospective randomized trial of 163 patients with unfavorable advanced-stage disease who attained a complete or partial remission after 4 cycles of ABVD, there was no difference in overall or failure-free survival with either high-dose therapy with autologous stem cell transplant or with 4 more cycles of ABVD.
ABVDの4サイクル後に完全または部分寛解を達成した予後不良の進行期患者163人のプロスペクティブランダム化試験では、自家幹細胞移植を伴う高用量療法またはABVDのさらに4サイクル実施に関して全生存率または無失敗生存率における差は認められなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The German Hodgkin's Lymphoma Study Group randomized 1,201 patients with advanced-stage disease to COPP/ABVD, BEACOPP, or to increased-dose BEACOPP, with most patients receiving consolidative radiation therapy to sites of initial bulky disease (>/=5 cm).
German Hodgkin's Lymphoma Study Groupは、進行期の患者1,201人(ほとんどの患者は最初の巨大腫瘤(5 cm以上)の部位に地固め的放射線療法を受けている)をCOPP/ABVD、BEACOPP、または用量を増加したBEACOPPにランダム化した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Three prospective randomized trials did not show a benefit in overall survival from the addition of consolidative radiation therapy to chemotherapy for patients with advanced-stage disease.
進行期患者に対する化学療法に低線量の地固め的放射線療法を追加した3件のプロスペクティブなランダム化試験は、全生存率の点で有益性を示さなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Randomized trials have never addressed the role of combined modality therapy for early-stage bulky disease (>/=10 cm) (especially massive mediastinal disease).
早期の巨大腫瘤(10 cm以上)(特に巨大縦隔腫瘤)に対する集学的治療の役割の問題を扱ったランダム化試験は、未だ実施されていない。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a prospective randomized trial of 163 patients with unfavorable advanced-stage disease who attained a complete or partial remission after 4 cycles of ABVD, there was no difference in overall or failure-free survival with either high-dose therapy with autologous stem cell transplant or with 4 more cycles of ABVD.
ABVDの4サイクル後に完全または部分寛解を達成した予後不良の進行期患者163人のプロスペクティブランダム化試験では、自家幹細胞移植を伴う高用量療法またはABVDのさらに4サイクル実施に関して全生存率または無失敗生存率における差は認められなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The German Hodgkin's Lymphoma Study Group randomized 1,201 patients with advanced-stage disease to COPP/ABVD, BEACOPP, or to increased-dose BEACOPP, with most patients receiving consolidative radiation therapy to sites of initial bulky disease (>/=5 cm).
German Hodgkin's Lymphoma Study Groupは、進行期の患者1,201人(ほとんどの患者は最初の巨大腫瘤(5 cm以上)の部位に地固め的放射線療法を受けている)をCOPP/ABVD、BEACOPP、または用量を増加したBEACOPPにランダム化した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Three prospective randomized trials did not show a benefit in overall survival from the addition of consolidative radiation therapy to chemotherapy for patients with advanced-stage disease.
進行期患者に対する化学療法に低線量の地固め的放射線療法を追加した3件のプロスペクティブなランダム化試験は、全生存率の点で有益性を示さなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Randomized trials have never addressed the role of combined modality therapy for early-stage bulky disease (>/=10 cm) (especially massive mediastinal disease).
早期の巨大腫瘤(10 cm以上)(特に巨大縦隔腫瘤)に対する集学的治療の役割の問題を扱ったランダム化試験は、未だ実施されていない。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In a prospective randomized trial of 163 patients with unfavorable advanced-stage disease who attained a complete or partial remission after 4 cycles of ABVD, there was no difference in overall or failure-free survival with either high-dose therapy with autologous stem cell transplant or with 4 more cycles of ABVD.
ABVDの4サイクル後に完全または部分寛解を達成した予後不良の進行期患者163人のプロスペクティブランダム化試験では、自家幹細胞移植を伴う高用量療法またはABVDのさらに4サイクル実施に関して全生存率または無失敗生存率における差は認められなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Two randomized trials have compared aggressive conventional chemotherapy versus high-dose chemotherapy with autologous hematopoietic stem cell transplantation for relapsed chemosensitive Hodgkin’s lymphoma.
2件のランダム化試験では、化学療法に感受性のある再発ホジキンリンパ腫に対し、従来の積極的化学療法と、自家造血幹細胞移植を伴う高用量化学療法とを比較している。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

This comparison may be done in a randomized study of two treatment arms or by evaluating a single new treatment and comparing the results with those previously obtained with existing therapy.
この比較は、二つの治療群を対象としたランダム化研究で実施されるか、または一つの新しい治療法を評価して以前に既存の治療により得られた結果と比較する方法で実施される。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The optimal treatment for intrinsic/intramedullary glial spinal cord tumors has not been determined by prospective randomized trials.
内因性/髄内のグリア系脊髄腫瘍の至適治療法は、未だプロスペクティブランダム化臨床試験によって決定されていない。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

To date, there have been no large-scale randomized trials documenting the efficacy of a standard, postoperative monitoring program.
現在までのところ、標準的術後モニタリングの効力を示した大規模ランダム化試験はない。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The current generation of large prospective randomized trials has demonstrated consistent evidence of benefit for systemic adjuvant chemotherapy employing fluorouracil (5-FU) plus either levamisole or leucovorin.
最近の大規模なプロスペクティブランダム化試験は、フルオロウラシル(5-FU)とレバミゾールまたはロイコボリンとを併用した全身性補助化学療法に関して一貫した便益の証拠を示している。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Adjuvant 5-FU plus leucovorin (in different treatment schedules) was also compared to surgery alone in 4 large randomized trials that closed prematurely in the early 1990s when surgery alone control arms were no longer felt to represent standard care for stage III patients.
5-FUとロイコボリン併用(様々な治療計画における)の補助療法もまた、4件の大規模ランダム化試験において手術単独と比較されたが、これらの試験では、手術単独はすでに病期IIIの患者の標準療法ではないと判断されて、1990年代初めに試験が途中終了した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Taken together, about 4,000 patients have participated in the positive randomized trials comparing adjuvant chemotherapy to surgery alone with a reduction in mortality of between 22% and 33%.
総じて、約4,000人の患者が補助化学療法と手術単独を比較したポジティブなランダム化試験に参加し、死亡率において22〜33%の低下がみられた。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The role of laparoscopic techniquesin the treatment of colon cancer is under evaluation in a prospective randomized trial comparing laparoscopic colectomy to open colectomy.
結腸癌治療における腹腔鏡下手術の役割が、腹腔鏡下結腸切除術と開腹結腸切除術を比較するプロスペクティブランダム化試験において評価段階である。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Many early trials of adjuvant chemotherapy failed to show a significant improvement in either overall or disease-free survival for patients receiving treatment compared to concurrently randomized control patients receiving no adjuvant therapy.
以前に行われた補助化学療法に関する多くのランダム化試験では、補助化学療法を受けた患者において、同時にランダム化された補助化学療法未施行の対照群と比して全生存または無病生存のいずれにも明らかな改善はみられなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

The North Central Cancer Treatment Group (NCCTG) conducted a randomized trial comparing surgical resection alone with postoperative levamisole or 5-FU/levamisole.
North Central Cancer Treatment Group(NCCTG)はランダム化試験を実施し、外科的切除術単独と術後レバミゾールまたは5-FU/レバミゾールを比較した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A randomized trial by the Swiss Group for Clinical Cancer Research revealed no survival difference between systemic 5-FU versus portal-vein 5-FU infusion versus surgery alone in 769 patients with resected colon or rectal cancer.
Swiss Group for Clinical Cancer Researchによるランダム化試験では、結腸癌または直腸癌の切除を実施した患者769人において、全身性5-FU、5-FU門脈投与および手術単独の間には生存の差は認められなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

However, a randomized trial of post-operative 5-FU plus levamisole compared to surgery alone showed no survival advantage to postoperative adjuvant chemotherapy.
しかしながら、術後5-FUとレバミゾール併用と手術単独を比較したランダム化試験では、術後補助化学療法の生存への有利性は示されなかった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

In the late 1980s, a passive immunotherapy approach to adjuvant treatment of stage III colorectal cancer demonstrated encouraging results in a single randomized trial.
1980年代後半、1件のランダム化試験において、病期IIIの結腸直腸癌の補助療法に対する受動免疫療法アプローチが、有望な結果を示した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

A second trial randomized 109 patients preoperatively who had 1 to 3 potentially resectable colorectal hepatic metastases to no further therapy or to postoperative hepatic arterial floxuridine plus systemic 5-FU.
次の試験では、術前に1〜3箇所の結腸直腸肝転移の可能性のある患者109人を、さらなる治療を行わないか、または術後フロクスウリジン肝動注に全身5-FUの併用にランダム化した。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Of those randomized, 27% were deemed ineligible at the time of surgery, leaving only 75 patients evaluable for recurrence and survival.
ランダム化された患者のうち27%が手術時に適格でないとみなされ、再発と生存を評価できる75人だけが残った。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Randomized clinical trials show that interferon alfa appears to add toxic effects but no clinical benefit to 5-FU therapy.
インターフェロンアルファは、ランダム化臨床試験から、毒性を上昇させるが、5-FU治療法に対する臨床的有益性が無いことが分かっている。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

CPT-11 has been compared to either retreatment with 5-FU or best supportive care in a pair of randomized European trials of patients with colorectal cancer refractory to 5-FU.
ヨーロッパで実施されている5-FU療法抵抗性結腸直腸癌患者を対象とした2件のランダム化試験において、CPT-11療法、5-FUによる再治療と最適な支持療法が比較されている。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Two phase III prospective randomized, controlled trials were designed to evaluate the combination of 5-FU, leucovorin, and CPT-11 to 5-FU and leucovorin alone.
2件の第III相のプロスペクティブランダム化対照試験が、5-FU、ロイコボリンとCPT-11の併用と5-FUおよびロイコボリン単独投与を評価するためデザインされた。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

CPT-11 has been compared to either retreatment with 5-FU or best supportive care in a pair of randomized European trials of patients with colorectal cancer refractory to 5-FU.
ヨーロッパで実施されている5-FU療法抵抗性結腸直腸癌患者を対象とした2件のランダム化試験において、CPT-11療法、5-FUによる再治療と最適な支持療法が比較されている。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]

Two phase III prospective randomized, controlled trials were designed to evaluate the combination of 5-FU, leucovorin, and CPT-11 to 5-FU and leucovorin alone.
2件の第III相のプロスペクティブランダム化対照試験が、5-FU、ロイコボリンとCPT-11の併用と5-FUおよびロイコボリン単独投与を評価するためデザインされた。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]