お問い合わせ
  

癌医療における栄養:放射線療法

●癌医療における栄養:放射線療法

Nutritional support during radiation therapy is vital.
放射線療法中の栄養支持は、生命維持にきわめて重要である。

The effect of radiation therapy on healthy tissue in the treatment field can produce changes in normal physiologic function that may ultimately diminish a patient’s nutrition status by interfering with ingestion, digestion, or absorption of nutrients.
照射野内の健康な組織に対する放射線療法の影響により、通常の生理的機能に変化を来たし、そうした変化が摂取、消化または栄養素の吸収を妨げることで最終的に患者の栄養状態を悪化させる。

Medications such as pilocarpine (Salagen) may be useful in treating the xerostomia (dry mouth) that accompanies radiation therapy.
ピロカルピン(Salagen)などの薬剤は、放射線療法に伴う口内乾燥(口渇)の治療に効果がある。

This medicine may reduce the need for artificial saliva agents or other oral comfort agents such as hard candy or sugarless gum.
この薬剤により、人工唾液またはハードキャンディーやシュガーレスガムなど口内を快適に保つ物質を使用する必要性が減少する。

The side effects of radiation therapy depend on the area irradiated, total dose, fractionation, duration, and volume irradiated.
放射線療法の副作用は、照射される部位、総線量、分割回数、期間、照射される容積によって異なる。

Most side effects are acute, begin around the second or third week of treatment, and diminish 2 or 3 weeks after radiation therapy is completed.
副作用のほとんどは急性で、治療の2〜3週目頃から発症し、放射線療法の終了後2〜3週間で軽減する。

Some side effects can be chronic and continue or occur after treatment has been completed.
副作用には慢性化するものがあり、治療終了後も持続または発現することがある。

Individuals receiving radiation therapy to any part of the gastrointestinal tract are more susceptible to nutrition-related side effects.
消化管への放射線療法を受けている患者は、栄養関連の副作用に対してより感受性がある。

Patients most at risk for developing nutrition-related side effects are those whose cancers involve the aerodigestive tract, including the head and neck, lungs, esophagus, cervix, uterus, colon, rectum, and pancreas.
栄養関連の副作用を発現するリスクが最も多い患者は、癌が頭頸部、肺、食道、頸、子宮、結腸、直腸、膵臓などを含む気道消化管に関与している患者である。

Patients who are receiving radiation therapy to the head and neck region may present to radiation therapy with pre-existing malnutrition secondary to an inability to ingest foods because of the disease itself or any surgery to treat the disease.
頭頸部領域への放射線療法を受けている患者は、癌自体または癌を治療する何らかの手術によって食物を摂取できないために二次的に派生する栄養不良を来した状態で放射線療法を受けることがある。

Many of these patients have a history of high alcohol intake, which also places them at a higher nutritional risk.
こうした患者の多くに、大量のアルコール摂取量の既往歴が認められ、これも栄養上のリスクをさらに高める。

These individuals are generally at the greatest risk for developing significant nutrition problems and severe weight loss.
一般的にこれらの患者は、重大な栄養上の問題および重度の体重減少を発症するリスクがこの上なく高い。

In a placebo-controlled, double-blind randomized study of 57 patients receiving radiation therapy for head/neck and lung cancer, megestrol acetate (MA) was administered at a dose of 800 mg per day.
頭頸部および肺の癌に対する放射線療法を受けている患者57人のプラセボ対照二重盲検ランダム化研究において、酢酸メゲストロール(MA)が800 mg/日の用量で投与された。

Patients who received MA demonstrated significant advantages in weight maintenance and some aspects of quality of life.
MAを受けた患者は、体重維持および生活の質のいくつかの側面において有意な優越性を示した。

Nutrition intervention is based on symptom management.
栄養介入は症状管理に基づいている。

Patients who maintain good nutrition are more likely to tolerate the side effects of treatment.
良好な栄養状態を維持している患者は、治療による副作用に耐容性を示す可能性が高い。

Adequate calories and protein can help maintain patient strength and prevent body tissues from further catabolism.
十分なカロリーおよびタンパク質は、患者が体力を維持し、体組織がそれ以上異化するのを防ぐのに有用である。

Individuals who do not consume adequate calories and protein use stored nutrients as an energy source, which leads to protein wasting and further weight loss.
十分なカロリーおよびタンパク質を摂取していない患者は、エネルギー源として貯蔵されている栄養素を使用するが、これはタンパク質の消耗およびさらなる体重減少の原因となる。

Some of the more common nutrition-related side effects caused by irradiation to the head and neck include taste alterations or aversions, odynophagia (pain produced by swallowing), xerostomia, thick saliva, mucositis, dysphagia, and stricture of the upper esophagus.
頭頸部への照射によって起こるより一般的な栄養関連の副作用には、味覚変化または味覚嫌悪、嚥下痛(嚥下により生じる疼痛)、口内乾燥、粘液性唾液、粘膜炎、嚥下障害、および食道上部の狭窄がある。

Thoracic irradiation may be associated with esophagitis, dysphagia, or esophageal reflux.
胸部照射は、食道炎、嚥下障害、食道逆流を起こすことがある。

Diarrhea, nausea, vomiting, enteritis, and malabsorption of nutrients are possible side effects of pelvic or abdominal radiation.
骨盤部または腹部への放射線照射によって起こりうる副作用として、下痢、悪心、嘔吐、腸炎、および栄養素の吸収不良がある。

(See theNutritional Suggestions for Symptom Managementsection).
(症状管理に関する栄養学的提言の章を参照のこと。)

Suggestions for appropriate dietary modifications based on nutrition-related symptoms are widely available for patient and healthcare professional use.
栄養関連の症状に基づいた適切な食事の調節のための示唆は、患者および医療専門家が広く利用できるようになっている。

For a full listing of dietary suggestions see theWeight Loss and Other Treatment-Related Side Effectssection.
食事に関する提言の詳細な一覧については、体重減少およびその他の治療関連の副作用の章を参照のこと。

A list of appropriate references is also included below.
該当する文献の一覧についても下記に記載する。

Many patients who are undergoing radiation therapy will benefit from nutritional supplements between meals.
放射線療法を受けている多くの患者には、食間の栄養補助食品が有効である。

Aggressive nutritional support is indicated when oral intake alone fails to maintain an individual’s weight.
経口摂取単独では患者の体重を維持できない場合、積極的な栄養支持が必要になる。

Tube feedings are used more frequently than parenteral nutrition, primarily to preserve gastrointestinal function.
経管栄養法は、主に消化管機能を温存するため非経口栄養よりも頻繁に利用される。

Tube feedings are usually well tolerated, pose less risk to the patient than parenteral feedings, and are more cost effective.
経管栄養法は通常、耐容性が高く、非経口栄養よりも患者に対するリスクが低いほか、費用対効果も高い。

Numerous studies demonstrate the benefit of enteral feedings initiated at the onset of treatment, specifically treatment to head and neck regions, before significant weight loss has occurred.
多くの研究が、著しい体重減少を来たす以前の照射(特に頭頸部領域への照射)開始時に経腸栄養補給を開始することの有益性を示している。

Many nutrition-related side effects result from radiation therapy.
栄養関連の副作用の多くは、放射線療法が原因である。

Quality of life and nutritional intake can be improved by managing these side effects through appropriate medical nutritional therapy and dietary modifications.
適切な医学的栄養療法および食事の改善を通してこれらの副作用を管理することにより、生活の質および栄養摂取を改善できる。