お問い合わせ
  

患者 プラセボ ランダム 割り付け

In a randomized, double-blind, placebo-controlled study of 77 patients with familial adenomatous polyposis, patients receiving 400 mg of celecoxib twice a day had a 28.0% reduction in the mean number of colorectal adenomas (P= .003 for the comparison with placebo) and a 30.7% reduction in the polyp burden (sum of polyp diameters; P= .001) as compared with reductions of 4.5% and 4.9%, respectively, in the placebo group.
家族性腺腫ポリポーシスを認める患者77人のランダム化二重盲検プラセボ対照研究において、セレコキシブ400 mgを1日2回投与した患者は、結腸直腸腺腫平均数が28.0%減少し(プラセボ群と比較して、P= 0.003)、ポリープ負荷(ポリープ直径の総計;P= 0.001)は30.7%減少したが、これに対してプラセボ群はそれぞれ4.5%および4.9%の減少であった。[連続表示]<最新癌情報対訳集>[+]


Specifically, participants were divided into 4 similar study arms/groups: 1 receiving beta-carotene and placebo, 1 receiving alpha-tocopherol and placebo, 1 receiving both active agents, and 1 receiving 2 placebo capsules.
具体的には、βカロチンとプラセボの1群、α-トコフェロールとプラセボの1群、活性物質2カプセルの1群およびプラセボ2カプセルの4群に患者割り付けた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


There were 77 patients with RA (2), RAEB (33), RAEB-T (26), or AML with antecedent MDS (16) who were enrolled and randomized to standard or intensively-timed induction, and subsequently were allocated to allogeneic marrow transplantation if there was a suitable family donor, or randomized to autologous marrow transplantation or chemotherapy.
RA 2人、RAEB 33人、RAEB-T 26人、MDSの病歴があるAML 16人からなる全77人の患者を対象とし、ランダム化により投与時期が標準的な寛解導入と投与時期が集中的な寛解導入に割り付け、その後適合家族ドナーがあれば同種骨髄移植を行うか、またはランダム化により自家骨髄移植あるいは化学療法に割り付けた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


For example, in a series of 111 postmenopausal women randomized to either tamoxifen or placebo as part of a breast cancer prevention study, the prevalence of atypical endometrial hyperplasia in the tamoxifen group was 16% compared to none in the placebo group.
たとえば、乳癌の予防に関する研究の一環として、ランダムにタモキシフェン投与群またはプラセボ投与群のいずれかに割り付けた閉経後女性111人のシリーズでは、タモキシフェン投与群の子宮内膜異型増殖症の有病率は16%であったのに対して、プラセボ投与群では0%であった。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In this randomized, double-blind, placebo-controlled trial, 1,166 participants received 3 years of intervention (589) or placebo (577) and an additional 4 years of follow-up.
このランダム化二重盲検プラセボ対照試験では、被験者1,166人を3 年間の介入群(589)またはプラセボ群(577)に割り付け、さらに4年にわたる追跡を行った。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


A randomized, double-blind, placebo-controlled trial involving 200 adult outpatients with major depressive disorder compared the safety and efficacy of SJW to placebo.
大うつ性障害の成人外来患者200人についてランダム化二重盲検プラセボ対照試験をおこない、SJWとプラセボの有効性と安全性を比較した。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In contrast, a similar randomized placebo-controlled study of GM-CSF priming in patients with AML 55 to 75 years of age showed improved disease-free survival in the group receiving GM-CSF (median disease-free survival for patients who achieved complete remission was 23 months versus 11 months; 2-year disease-free survival was 48% versus 21%), with a trend towards improvement in overall survival (2-year survival was 39% versus 27%, P=.082) for patients 55 to 64 years of age.
それとは対照的に、55歳から75歳までのAML患者を対象に行った同様のGM-CSFプライミングに関するプラセボ対照ランダム化研究では、GM-CSFを受けた患者群で無病生存期間が向上し(完全寛解に達した患者の無病生存期間中央値は、23ヵ月対11ヵ月;2年無病生存率は、4[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In a randomized clinical trial for the treatment of adjustment disorders, 57 patients with mixed cancer types were randomly assigned to either an 8-week individual, problem-focused, cognitive-behavioral psychotherapy intervention or an 8-week individual, supportive counseling intervention.
適応障害の治療に関するあるランダム化臨床試験において、複数種類の癌の混合を認める57人の患者が、8週間個別の、問題に焦点を当てた、認知行動心理療法介入群または8週間個別の、支持的カウンセリング介入群にランダム割り付けられた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In a randomized placebo-controlled crossover design study of 60 men who had undergone radiation therapy for clinically localized prostate cancer, and who reported erectile dysfunction that began after their radiation, 55% reported successful intercourse after sildenafil versus 18% after placebo (P<.001).
臨床的限局前立腺癌に対する放射線療法を受け、その後勃起不全を報告した60人の男性患者ランダムプラセボ対照クロスオーバーデザイン研究において、プラセボ投与後18%に対し、シルデナフィル投与後では55%が性交の成功を報告した(P<.001)。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


This study included randomization to isotretinoin or placebo groups in order to confirm the activity reported in the earlier uncontrolled trial.
この研究では、先の非対照試験で報告された活性を確認するため、ランダム化によりイソトレチノイン群とプラセボ群とに被験者を割り付けた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Subjects were randomized to 1 of 4 groups: beta carotene alone, alpha-tocopherol alone, beta carotene plus alpha-tocopherol, or placebo for 5 to 8 years.
ランダム化により、被験者をベータカロチンのみ、α-トコフェロールのみ、ベータカロチンとα-トコフェロールとの併用、プラセボの4つの投与群のいずれかに割り付け、5〜8年の追跡を行った。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


An intergroup trial evaluated the role of isotretinoin in the chemoprevention of second cancers in patients with resected stage I NSCLC: 1,116 patients were randomly assigned to receive isotretinoin (30 mg/day) for 3 years or placebo.
病期 I の非小細胞肺癌患を切除した患者を対象に、二次癌の化学的予防法におけるイソトレチノインの役割を評価したあるインターグループ試験では、1,116人の患者を無作為化によりレチノイドのひとつであるイソトレチノイン(30mg/日)3年間投与群とプラセボ投与群に割り付けた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In a placebo-controlled, double-blind randomized study of 57 patients receiving radiation therapy for head/neck and lung cancer, megestrol acetate (MA) was administered at a dose of 800 mg per day.
頭頸部および肺の癌に対する放射線療法を受けている患者57人のプラセボ対照二重盲検ランダム化研究において、酢酸メゲストロール(MA)が800 mg/日の用量で投与された。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


ayText="Reference">Southwest Oncology Groupは、限局した侵攻性NHL(病期IまたはII)の病変をもつ患者401人を、CHOP3サイクルプラス病変部位放射線療法またはCHOP8サイクルにランダム割り付けた。[連続表示]
Overall survival at 5 years favored the combined modality arm (82% versus 72%, P=.02).
5年全生存率は集学的治療群の方が良好であった(82% vs 72%、p=.02)。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


The Eastern Cooperative Oncology Group randomized 210 patients with bulky stage I and all stage II disease who had attained complete remission with 8 cycles of CHOP to radiation therapy or to no further treatment.
Eastern Cooperative Oncology Groupは、CHOP8サイクルにより完全寛解に到達した病期IまたはIIの巨大病変をもつ患者210人を、放射線療法または追加治療なしにランダム割り付けた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


The 109 patients who responded were randomly assigned to receive 4 more cycles of chemotherapy and involved-field radiation therapy versus autologous bone marrow transplantation followed by involved-field radiation therapy.
このうち反応した患者109人を、化学療法4サイクル追加プラス病変部位放射線療法と自己骨髄移植後病変部位放射線療法とにランダム割り付けた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


However, a randomized placebo-controlled study of amitriptyline for neuropathic pain in cancer patients found only slight analgesic benefit with significantly worse adverse effects.
しかしながら、癌患者の神経障害性疼痛に対するアミトリプチリンのランダムプラセボ対照研究は、有意に不良な副作用については、わずかな鎮痛性の有益性しか明らかにしなかった。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In a randomized controlled trial comparing fluoxetine with a placebo, patients receiving fluoxetine were found to have improved quality of life and decreased depressive symptoms.
フルオキセチンとプラセボを比較するランダム化対照試験において、フルオキセチンを受けた患者は生活の質が改善し、うつ症状が減少したことが明らかにされた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Added text to state that in a randomized controlled trial comparing fluoxetine with a placebo, patients receiving fluoxetine were found to have improved quality of life and decreased depressive symptoms and that this study focused on improved generalization and clinical utility with generalization enhanced by inclusion of a sample of mixed cancer types (e.g., breast, thoracic, genitourinary, gastrointestinal) from a predominantly community cancer care setting, an equal male/female ratio, and a relatively large sample size (n=163); and clinical utility was enhanced by a focus on core symptoms of depression (i.e., anhedonia, depressed/hopeless mood), use of an easily-administered 2-item depression screening procedure, and treatment with a commonly used antidepressant administered once a day.
本文に以下の記述が追加された;フルオキセチンとプラセボを比較するランダム化対照試験において、フルオキセチンを受けた患者は生活の質が改善し、うつ症状が減少したことが明らかにされたこと、この研究は、一般化および臨床的有用性の改善に焦点を当てており、大多数を占める地域癌医療の設定から、様々な癌の型(例えば、乳癌、胸郭の癌、尿生殖器の癌、胃腸の癌)の標本を含めること、男性/女性の等しい比率、および比較的大きな標本サイズ(n=163)によって、一般化が強化された;および臨床的有用性は、うつの核となる症状(すなわち、快感消失、憂うつな/絶望的な気分)に焦点を当てること、実施が容易な2項目のうつスクリーニング手法の使用;および一般的に使用される1日1回投与の抗うつ薬による治療によって強化された。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


A multicenter, double-blind, randomized, placebo-controlled trial of 1312 patients with a history of basal cell or squamous cell skin cancer and a mean follow-up of 6.4 years showed that 200 μg selenium (in brewer’s yeast tablet) did not have a significant effect on the primary endpoint of the development of basal cell carcinoma of the skin and may increase the risk of squamous cell carcinoma and total nonmelanoma skin cancer.
平均追跡期間が6.4年で、基底細胞癌または扁平上皮癌の既往歴のある患者1,312人を対象とした多施設二重盲検ランダムプラセボ対照試験では、セレン200マイクログラム(ビール酵母錠で)は皮膚の基底細胞癌の発生というプライマリーエンドポイントに対する有意な効果はなく、扁平上皮癌および全ての非黒色腫皮膚癌のリスクを増大させうることが示された。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In addition, patients on this study were subsequently randomized to stop therapy or to receive 6 months of 13-cis-retinoic acid.
さらに、この研究の患者は引き続き、継続治療を実施しないグループと13-シス-レチノイン酸を6ヵ月間投与するグループとにランダム割り付けられた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


A study is underway in which patients treated with lumpectomy plus tamoxifen are randomly assigned to receive radiation therapy or no radiation therapy.
現在、腫瘤摘出術+タモキシフェン治療を受けた患者を、放射線療法を受けるグループか放射線療法を受けないグループのいずれかにランダム割り付ける試験が進められている。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


In a phase III study, 235 patients who did not respond to initial treatment with a platinum-based regimen, but who had not previously received paclitaxel or topotecan, were randomized to receive either topotecan as a 30-minute infusion daily for 5 days every 21 days or paclitaxel as a 3-hour infusion every 21 days.
プラチナ製剤をベースとする初期治療に反応せず、これまでにパクリタキセルまたはトポテカンを投与されたことがない患者235人をランダム化し、トポテカン30分注入を21日間に5日ずつ実施する群またはパクリタキセル3時間注入を21日間に一度実施する群のいずれかに割り付けた第III相試験がある。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Consistent with the effects of COX2 inhibitors on colonic polyps, in a randomized, prospective, double-blind, placebo-controlled trial, celecoxib (400 mg po bid) reduced, but did not eliminate, the number of duodenal polyps in 32 patients with FAP after a 6-month course of treatment.
結腸ポリープに対するCOX2阻害薬の効果と一致して、ランダム化プロスペクティブ二重盲検プラセボ対照試験において、セレコキシブは、6ヶ月で1コースの治療後(400mg、経口、一日2回)、FAP患者32人における十二指腸ポリープの数をなくしこそしなかったものの、減らした。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


P=0.003)および全生存期間(36ヵ月 vs 26ヵ月、P=0.05)を改善させることがわかった。[連続表示]
A randomized, double-blind study of patients with stage III myeloma showed that monthly intravenous pamidronate significantly reduces pathologic fractures, bone pain, spinal cord compression, and the need for bone irradiation (there were 38% skeletal-related events in the treated group versus 51% in the placebo group after 21 months of therapy, P=.015).
病期IIIの骨髄腫患者を対象としたランダム化二重盲検試験から、月1回パミドロン酸を静注することにより病的骨折、骨痛、脊髄圧迫および骨に対する放射線照射の必要性が有意に減少することがわかった(21ヵ月にわたる治療後、治療群およびプラセボ群に認められた骨関連事象は38% vs 51%であった、P=0.015)。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


During maintenance phase, patients are randomly assigned to receive ATRA alone or to receive ATRA plus daily 6-mercaptopurine and weekly methotrexate.
維持期では、患者ランダム化によりATRA単独投与群とATRA+6-メルカプトリン連日投与およびメトトレキサート毎週投与群に割り付けている。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


A randomized trial published in abstract form in which granulocytopenic MDS patients were assigned to GM-CSF or observation showed no advantage to the prophylactic use of that cytokine.
要約形式で発表された1件のランダム化試験では、顆粒球減少性MDS患者がGM-CSFまたは観察に割り付けられたが、そのサイトカインの予防的使用に対する利点は示されなかった。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Revised text on recombinant myeloid growth factors to include the results of a randomized trial of granulocytopenic myelodysplastic syndrome patients assigned to granulocyte-macrophage colony-stimulating factor or observation that showed no advantage to the prophylactic use of that cytokine (cited Greenberg).
組換え型骨髄増殖因子に関する記述が以下の通り変更された:顆粒球減少性MDS患者を顆粒球マクロファージコロニー刺激因子または観察に割り付けた1件のランダム化試験の結果は、そのサイトカインの予防的使用に対する利点を示さなかった(引用 Greenberg)。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


The incidence of platelet alloimmunization was similar among groups randomly assigned to receive pooled platelet concentrates from random donors; filtered, pooled platelet concentrates from random donors; ultraviolet B-irradiated, pooled platelet concentrates from random donors; or filtered platelets obtained by apheresis from single random donors.
血小板同種免疫の発生は、下記のランダム割り付けられたグループ間で同等であった;ランダムドナーから採取したプール濃縮血小板輸血を受けたグループ、ランダムドナーから採取した濾過済みプール濃縮血小板輸血を受けたグループ、ランダムドナーから採取した紫外線B-照射処理済みプール濃縮血小板輸血を受けたグループ、あるいは、シングルランダムドナーからアフェレーシスによって得た濾過済み血小板輸血を受けたグループ。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


A prospective, randomized trial was performed by the Radiation Therapy Oncology Group (RTOG) (RTOG 85-31) in patients with T3, N0, or any T, N1, M0 disease who received prostatic and pelvic radiation therapy and then were randomized to receive immediate adjuvant goserelin or observation with administration of goserelin at time of relapse.
米国の放射線治療グループ(Radiation Therapy Oncology Group:RTOG)により、T3、N0患者か、またはすべてのT、N1、M0患者を対象にプロスペクティブランダム化試験(RTOG 85-31)が実施され、前立腺または骨盤の放射線療法を受けた患者を、放射線療法直後に補助療法としてゴセレリンを投与するグループか、再燃時にこれを投与するグループにランダム化した。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Breast cancer was reported in 79 women and confirmed in 77. Invasive breast cancer occurred in 39 women on placebo and 22 women randomized to either of the 2 raloxifene arms (raloxifene 120 mg daily; or raloxifene 60 mg; RR=.248; 95% CI 0.17-0.446; 4.7 and 1.3 invasive breast cancers/1000 woman-years in the placebo and combined-treatment groups, respectively).
乳癌は79人の女性において報告され、77人が確認された。浸潤性乳癌は、プラセボ投与群39人および2つのラロキシフェン治療群にランダム化された女性22人に生じた(ラロキシフェン120mg/日投与;または同60mg/日投与;RR=0.248;95% CI 0.17〜0.446;プラセボ投与群および2つのラロキシフェン投与群の浸潤性癌/1000例-年はそれぞれ、4.7例および1.3例)。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


To achieve this ranking, the study allocation must be blinded to the physician both before and after randomization and treatment assignment take place.
この順位を得るには、ランダム化および治療割り付けが行われる前と後の両方で、研究割り付けが医師に分からないようにしなければならない。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


North London Cancer Study,a randomized study done in the early 1960s with industrial firms randomized between screening and no screening; and
工業会社何社で1960年代初期に行われたスクリーニング群と非スクリーニング群とにランダム割り付けランダム化研究のNorth London Cancer Study;および[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Many early trials of adjuvant chemotherapy failed to show a significant improvement in either overall or disease-free survival for patients receiving treatment compared to concurrently randomized control patients receiving no adjuvant therapy.
以前に行われた補助化学療法に関する多くのランダム化試験では、補助化学療法を受けた患者において、同時にランダム化された補助化学療法未施行の対照群と比して全生存または無病生存のいずれにも明らかな改善はみられなかった。<ut DisplayTex[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Unfortunately, most clinical trials in oncology cannot be double-blinded after treatment allocation because procedures or toxic effects often vary substantially among study allocations in ways that are obvious to both the health care professional and the patient.
残念ながら、腫瘍学における大部分の臨床試験において、治療割り付け後二重盲検はできないが、それは手技または毒性作用が研究割り付け間で、しばしば医療専門家および患者の両方に明らかなほど異なるためである。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


Comment: This category includes trials in which treatment allocation was made by birth date, chart number, day of clinic appointment, bed availability, or any other strategy that would make the allocation known to the investigator prior to obtaining informed consent from the patient.
コメント:このカテゴリーには、生年月日、カルテ番号、受診予約の日付、ベッドの利用可能性、または患者からインフォームドコンセントを得る前に研究者に割り付けが知られるであろう他のすべての戦略によって治療割り付けが行われた試験が含まれる。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


A large-scale retrospective, nonrandomized comparison trial of 596 psychiatric outpatients (167 men, 429 women) treated for at least 6 months with sertraline (n=170), fluoxetine (n=298), venlafaxine (n=36), and paroxetine (n=265) found that symptoms of sexual dysfunction were spontaneously reported by approximately 20% of patients overall, and were more common in men (23.4%) and married individuals of both genders.
セルトラリン(n=170)、フルオキセチン(n=298)、ベンラファキシン(n=36)およびパロキセチン(n=265)の投与を6ヵ月以上受けている精神科外来患者596人(男性167人、女性429人)を対象とした大規模レトロスペクティブ非ランダム化比較試験では、全患者の約20%から性機能障害の症状が自発的に報告され、男性により多く(23.4%)、男女ともに既婚患者の方が多かったことが明らかにされた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


One studyevaluated 215 randomly selected hospitalized and ambulatory cancer patients in 3 different cancer centers and found that of this group, slightly fewer than half (47% or 101 patients) met the diagnostic criteria for any mental disorder (DSM-III criteria).
ある研究は、3箇所の異なる癌センターから入院癌患者および外来癌患者215人をランダムに抽出して評価し、この集団の半数をわずかに下回る患者(47%、つまり101人)が、精神障害いずれかの診断規準(DMS-III規準)を満たしていたことが明らかにされた。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]


The German Hodgkin's Lymphoma Study Group randomized 1,201 patients with advanced-stage disease to COPP/ABVD, BEACOPP, or to increased-dose BEACOPP, with most patients receiving consolidative radiation therapy to sites of initial bulky disease (&gt;/=5 cm).
German Hodgkin's Lymphoma Study Groupは、進行期の患者1,201人(ほとんどの患者は最初の巨大腫瘤(5 cm以上)の部位に地固め的放射線療法を受けている)をCOPP/ABVD、BEACOPP、または用量を増加したBEACOPPにランダム化した。[連続表示] <最新癌情報対訳集>[+]