お問い合わせ
  

第1節 栄養障害 1章 栄養:一般的考察

●第1節 栄養障害 1章 栄養:一般的考察


Nutrition influences clinical practice in all branches of medicine and is important in all stages of life.
栄養は全医学分野の実地臨床に影響を及ぼし,人生のあらゆる時期においても重要なものである。

Nutrition is the science of food and its relationship to health.
栄養とは,食物ならびに食物と健康の関係にかかわる科学である。

The nutritional sciences deal with the nature and distribution of nutrients in food, their metabolic effects, and the consequences of inadequate food intake.
栄養学は,食物中の栄養素の性質と配分,代謝効果,および不適切な食物摂取の影響を扱う。

Nutrients are chemical compounds in foods that are absorbed and used to promote health.
栄養素は健康を促進するために吸収され利用される食物中の化合物である。

Some nutrients are essential because they cannot be synthesized by the body and thus must be derived from the diet.
一部の栄養素は体内で合成できず,食事によって摂取しなくてはならないため,必須である。

Essential nutrients include vitamins, minerals, amino acids, fatty acids, and some carbohydrate as a source of energy.
必須栄養素には,ビタミン,ミネラル,アミノ酸,脂肪酸,およびエネルギー源としての一部の炭水化物がある。

Nonessential nutrients are those that the body can synthesize from other compounds, although they may also be derived from the diet.
非必須栄養素とは,食事からも摂取されるが,体内で他の化合物から合成が可能な栄養素である。

Nutrients are generally divided into macronutrients and micronutrients.
栄養素は一般的に多量栄養素と微量栄養素に分けられる。

◆◆Macronutrients
◆◆多量栄養素

Macronutrients constitute the bulk of the diet and supply energy as well as essential nutrients needed for growth, maintenance, and activity.
多量栄養素は食事の大部分を占め,成長,生体の維持,および活動に必要なエネルギーや必須栄養素を供給する。

Carbohydrates, fats (including essential fatty acids), proteins, macrominerals, and water are macronutrients.
炭水化物,脂肪(必須脂肪酸を含む),蛋白,多量ミネラル,水は多量栄養素である。

Carbohydrates are converted to glucose and other monosaccharides; fats, to fatty acids and glycerol; and proteins, to peptides and amino acids.
炭水化物はグルコースとその他の単糖類;脂肪は脂肪酸とグリセロール;そして蛋白はペプチドとアミノ酸に変換される。

These macronutrients are interchangeable as sources of energy; fats yield 9 kcal/g; proteins and carbohydrates yield 4 kcal/g.
これらの多量栄養素は可換性のエネルギー源であり;脂肪は9kcal/g;蛋白と炭水化物は4kcal/gを産出する。

Ethanol, not usually considered a nutrient, yields 7 kcal/g.
エタノールは,通常栄養素とは見なされていないが,7kcal/gのエネルギーに変換される。 

Carbohydrates and fat spare tissue protein.
炭水化物と脂肪は,組織蛋白を節約する。

Unless sufficient nonprotein calories are available from either dietary sources or tissue stores (particularly of fat), protein cannot be used efficiently for tissue maintenance, replacement, or growth, and considerably more dietary protein is required for positive nitrogen balance.
非蛋白性熱量が,食物からまたは組織の蓄え(特に脂肪)から十分に得られない場合には,蛋白を組織の維持,補充,成長に効率的に利用することができず,窒素平衡を正常に保つため,相当多くの食事性蛋白の摂取が必要となる。

Essential amino acids (EAAs) are the components of proteins that make them essential in the diet.
必須アミノ酸(EAA)は,蛋白の組成であるため食事に不可欠である。

Of the 20 amino acids in proteins, 9 are essential, ie, required in the diet because they cannot be synthesized in the body.
蛋白の20のアミノ酸のうち,9つは必須,すなわち,体内で合成できないため食事で必要とされる。

Eight EAAs are required by all humans.
8つのEAAはすべてのヒトに必要とされる。

Infants require one more, histidine.
乳児はさらにヒスチジンも必要とする。

The recommended dietary allowance (RDA) for protein decreases from 2.2 g/kg in 3-mo-old infants to 1.2 g/kg in 5-yr-old children and to 0.8 g/kg in adults.
蛋白の栄養所要量(RDA)は,月齢3カ月の乳児の2.2g/kgから5歳児の1.2g/kg,そして成人の0.8g/kgへと減少する。

The requirement for dietary protein correlates with the growth rate, which varies at different times in the life cycle.
食事性蛋白の必要量は成長率と相互に関係しており,ライフサイクルの時期に応じて変化する。

The different protein requirements are reflected in the requirements for EAAs.
異なる蛋白の必要量は,EAAの必要量に反映される。

The total amount of EAAs required by infants (715 mg/kg/day) represents 32% of their total protein requirement; the 231 mg/kg/day required by children aged 10 to 12 yr represents 20%, and the 86 mg/kg/day required by adults represents 11%.
乳児が必要とするEAAの総量(715mg/kg/日)は蛋白の総必要量の32%に;10〜12歳の小児が必要とする231mg/kg/日は20%に,成人が必要とする86mg/kg/日は11%に相当する。

The amino acid composition of proteins varies widely.
蛋白のアミノ酸組成は広く異なる。

The extent to which a protein matches the amino acid composition of animal tissues determines its biologic value (BV).
蛋白が動物組織のアミノ酸組成に一致する割合が,蛋白の生物価(BV)を決定する。

A perfect match is egg protein, with a value of 100.
完全に適合するのは卵の蛋白であり,BVは100である。

Animal proteins in milk and meat have a high BV (~90), whereas proteins in cereal and vegetables have a lower BV (~40), and some derived proteins, such as gelatin, which lack tryptophan and valine, have a BV of 0.
ミルクと肉の動物性蛋白のBVは高いが(〜90),穀類および野菜のBVは比較的低く(〜40),トリプトファンおよびバリンを欠くゼラチンなど,一部の由来蛋白のBVは0である。

The complementarity among different proteins in the diet determines the overall BV of the diet.
食事における異なる蛋白の相補性が,その食事の総合的なBVを決定する。

The RDA for protein assumes that the average mixed diet has a BV of 70.
蛋白のRDAから推計される平均的な混合食のBVは70である。

Essential fatty acids (EFAs) are required in amounts equaling 6 to 10% of fat intake (equivalent to 5 to 10 g/day).
EFA(必須脂肪酸)は,脂肪摂取量の6〜10%に匹敵する量(5〜10g/日に相当)が必要とされる。

They include omega-6 (n-6) fatty acids--linoleic acid (cis-9,12-octadecadienoic acid) and arachidonic acid (cis-5,8,11,14-eicosatetraenoic acid)--and omega-3 (n-3) fatty acids--linolenic acid (cis-9,12,15-octadecatrienoic acid), cis-5,8,11,14,17-eicosapentaenoic acid, and cis-4,7,10,13,16,19-docosahexaenoic acid.
EFAに含まれるのは,ω-6(n-6)脂肪酸であるリノール酸(cis-9,12-オクタデカジエン酸)とアラキドン酸(cis-5,8,11,14-エイコサテトラエン酸),およびω-3(n-3)脂肪酸であるリノレン酸(cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸),cis-5,8,11,14,17-エイコサペンタエン酸,cis-4,7,10,13,16,19-ドコサヘキサエン酸である。

EFAs must be provided by the diet: Vegetable oils provide linoleic acid and linolenic acid, and marine fish oils provide eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid.
EFAは食事によって供給されなければならない:植物油はリノール酸とリノレン酸を,海水魚の油はエイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸を供給する。

However, some EFAs can be made from others.
しかし,一部のEFAは他のものからも作ることができる。

For example, the body can make arachidonic acid from linoleic acid, and eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid can be partially synthesized from linolenic acid, although fish oil is a more efficient source.
例えば,体内においてアラキドン酸はリノール酸から,そして魚油の方がより効率的な供給源ではあるが,エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸は一部リノレン酸から合成することが可能である。

EFAs are required for the formation of a variety of eicosanoids, including prostaglandins, thromboxanes, prostacyclins, and leukotrienes (see also Essential Fatty Acid Deficiency in Ch. 2).
EFAは,プロスタグランジン,トロンボキサン,プロスタサイクリン,ロイコトリエンなどの多様なエイコサノイドの組成に必要とされる(2章の「必須脂肪酸欠乏症」も参照)。

Omega-3 Fatty acids appear to play a role in decreasing the risk of coronary artery disease (see Dietary Modification in Ch. 202).
ω-3脂肪酸は冠状動脈疾患(202章の「食事療法」参照)の危険性を減少させる役割を担っていると思われる。

All EFAs are polyunsaturated fatty acids (PUFAs), but not all PUFAs are EFAs.
すべてのEFAは多価不飽和脂肪酸(PUFA)であるが,すべてのPUFAがEFAというわけではない。

The macrominerals--sodium, chloride, potassium, calcium, phosphorus, and magnesium--are required in gram quantities per day by humans.
多量ミネラル――ナトリウム,塩化物,カリウム,カルシウム,リンおよびマグネシウム――は,ヒトでは1日にグラム単位で必要となる。

Water is also considered a macronutrient because it is required in amounts of 1 mL/kcal of energy expended, or about 2500 mL/day (see Water and Sodium Metabolism in Ch. 12).
水もまた,エネルギーの消費において1mL/kcalの量が,すなわち約2500mL/日が必要とされるため,多量栄養素とみなされている(12章「水とナトリウムの代謝」参照)。

◆◆Micronutrients
◆◆微量栄養素

Vitamins, which are classified as water-or fat-soluble, and trace minerals are micronutrients.
水溶性,あるいは脂溶性に分類されるビタミン,および微量ミネラルは微量栄養素である。

Water-soluble vitamins are vitamin C (ascorbic acid) and eight members of the vitamin B complex--thiamine (vitamin B1), riboflavin (vitamin B2), niacin, pyridoxine (vitamin B6), folic acid, cobalamin (vitamin B12), biotin, and pantothenic acid.
水溶性ビタミンは,ビタミンC(アスコルビン酸)および8つのビタミンB複合体──チアミン(ビタミンB1),リボフラビン(ビタミンB2),ナイアシン,ピリドキシン(ビタミンB6),葉酸,コバラミン(ビタミンB12),ビオチンおよびパントテン酸──である。

Fat-soluble vitamins include retinol (vitamin A), cholecalciferol and ergocalciferol (vitamin D), α-tocopherol (vitamin E), and phylloquinone and menaquinone (vitamin K).
脂溶性ビタミンにはレチノール(ビタミンA),コレカルシフェロールおよびエルゴカルシフェロール(ビタミンD),αトコフェロール(ビタミンE),さらにフィロキノンおよびメナキノン(ビタミンK)が含まれる。

Only vitamins A, E, and B12 are stored to any significant extent in the body.
ビタミンA,E,およびB12だけは,ある程度までは体内に蓄えられる。

Essential trace minerals include iron, iodine, fluorine, zinc, chromium, selenium, manganese, molybdenum, and copper.
必須微量ミネラルには,鉄,ヨウ素,フッ素,亜鉛,クロム,セレニウム,マンガン,モリブデン,および銅が含まれる。

Except for fluorine and chromium, each of these minerals is incorporated into enzymes or hormones required in metabolism.
フッ素およびクロムを除くこれらのミネラルは,それぞれ代謝に必要な酵素あるいはホルモンに組み込まれる。

Fluoride forms a compound with calcium (CaF2), which stabilizes the mineral matrix in bones and teeth and prevents tooth decay.
フッ化物は,カルシウムとの化合物(CaF2)の形態をとり,骨や歯のミネラル基質を安定させ,歯の腐食を防ぐ。

Except for iron and zinc, micromineral deficiencies are uncommon in clinical practice in industrialized countries (see Chs. 3 and 4).
鉄と亜鉛を除く微量ミネラルの欠乏症は,先進国の実地臨床においてはまれである(3,4章参照)。 

Other trace minerals implicated in animal nutrition (ie, aluminum, arsenic, boron, cobalt, nickel, silicon, and vanadium) have not been established as being required by humans.
動物の栄養と関連あるその他の微量ミネラル(すなわち,アルミニウム,ヒ素,ホウ素,コバルト,ニッケル,シリコン,バナジウム)については,ヒトに必要とされるかどうかは,確認されていない。

All trace minerals are toxic at high levels, and some (arsenic, nickel, and chromium) have been implicated as causes of cancer.
すべての微量ミネラルは高濃度では毒性があり,一部(ヒ素,ニッケルおよびクロム)は癌の原因と意味づけられている。

In the body, lead, cadmium, barium, and strontium are toxic, but gold and silver are inert as components of teeth.
鉛,カドミウム,バリウムおよびストロンチウムは体内において毒性があるが,金と銀は歯の詰め物としては不活性である。

◆◆Other Dietary Substances
◆◆その他の食事性物質

The daily human diet contains as many as 100,000 chemical substances (eg, 1 cup of coffee contains 1000).
毎日のヒトの食事は10万もの化学物質(例,コーヒー1杯は1000を含む)を含んでいる。

Of these, only 300 can be classified as nutrients, and 45 as essential nutrients.
このうち,わずか300だけが栄養素として,45が必須栄養素として分類される。

However, many of the other substances are useful.
しかしながら,その他の物質の多くも有用である。

For example, food additives (eg, preservatives, emulsifiers, antioxidants, and stabilizers) improve production, processing, storage, and packaging of foods.
例えば,食物添加物(例,防腐剤,乳化剤,酸化防止剤および安定剤)は食物の製造,加工,貯蔵および包装を改善する。

Trace components (eg, spices, flavors, odors, colors, phytochemicals, and many other natural products) improve the appearance, taste, and stability of food.
微量成分(例,香辛料,調味料,香料,着色剤,植物性化学物質およびその他の天然物)は食物の見た目,味および安定性を改良する。

Fiber, which occurs in various forms (eg, cellulose, hemicellulose, pectin, and gums), is also useful.
多様な形態で存在する繊維(例,セルロース,ヘミセルロース,ペクチンおよびゴム)もまた有用である。

Different components of dietary fiber act in different ways, depending on their structure and solubility.
様々な食物繊維の成分は,それらの構造および可溶度によって異なった働きをする。

Fiber improves GI mobility and aids in the prevention of constipation and the management of diverticular disease (see Chs. 27 and 33).
繊維はGI(消化管)の可動性を改善し,便秘の予防と憩室性疾患の管理を助ける(27,33章参照)。

Foods rich in soluble fiber reduce the postprandial rise in blood glucose and are sometimes part of the management of diabetes mellitus (see Ch. 13).
可溶性繊維が豊富な食物は食後の血糖上昇を抑え,時として糖尿病の管理の一部を担っている(13章参照)。

Fruits and vegetables rich in guar gums and pectins tend to reduce plasma cholesterol by enhancing hepatic cholesterol conversion to bile acids.
グアールガム,ペクチンが豊富な果物や野菜は,肝臓におけるコレステロールの胆汁酸への変換を促進することにより,血漿中のコレステロールを減少させる傾向がある。

Fiber is thought to increase the elimination of cancer-causing substances produced by the bacteria in the large intestine.
繊維は,大腸でバクテリアによって産生される癌原因物質の排除を増大させると考えられている。

Epidemiologic evidence strongly supports an association between colon cancer and low fiber intake and a beneficial effect of fiber in functional bowel disorders, appendicitis, Crohn's disease, obesity, varicose veins, and hemorrhoids, but the mechanism remains obscure.
疫学的証拠により,結腸癌と少ない繊維摂取量との関連性,および腸の機能障害,虫垂炎,クローン病,肥満,静脈瘤,痔核への繊維の有益な効果が明らかになっているが,そのメカニズムについてはまだはっきりしていない。

The typical Western diet is low in fiber (about 12 g/day) because of a high intake of highly refined wheat flour and a low intake of fruits and vegetables.
典型的な西欧式の食事は,高度に精製された小麦粉を大量に摂取することと,果物や野菜の摂取量が少ないため,繊維が少ない(約12g/日)。

Increasing fiber intake to about 30 g/day by consuming more cereals, vegetables, and fruits is generally recommended.
より多くの穀類,野菜,および果物を消費することにより繊維の摂取量を約30g/日にまで増やすことが一般に推奨されている。

◆◆Nutritional Requirements
◆◆栄養必要量

The objective of a proper diet is to achieve and maintain a desirable body composition and a high potential for physical and mental work.
適切な食事の目的は,好ましい体組成と,肉体的および精神的な仕事を行うための高い潜在能力を作りあげ,維持することにある。

The daily dietary requirements for essential nutrients, including energy sources, depend on age, sex, height, weight, and metabolic and physical activity.
日々の食事における,エネルギー源を含む必須栄養素の必要量は,年齢,性別,身長,体重,代謝および肉体的活動性に応じて決まる。

The Food and Nutrition Board of the National Academy of Sciences/National Research Council and the US Department of Agriculture (USDA) periodically review the scientific literature on human requirements for the 45 essential nutrients.
米国科学アカデミー/国家研究評議会(National Academy of Sciences/National Research Council)の食品栄養委員会(Food and Nutrition Board)および米国農務省(USDA)は,45の必須栄養素の,ヒトの必要量に関する科学調査報告書の見直しを定期的に行っている。

Every 5 yr, the Food and Nutrition Board issues the recommended dietary allowances (RDAs), which are computed to meet the needs of all healthy persons, with a significant safety factor.
食品栄養委員会は,あらゆる健康な人の必要に合うよう計算された,重要な安全量を盛り込んだ推奨栄養所要量(RDA)を5年毎に発行している。

For vitamins and minerals about which less is known, safe and adequate daily dietary intakes have been estimated.
あまり知られていないビタミンとミネラルについては,安全で適切な毎日の栄養摂取量が推計されている。

For good health, body composition must be kept within reasonable limits.
良好な健康状態を得るために,体組成は適度な範囲内に保持されなければならない。

This requires balancing energy intake with energy expenditure.
そのためにはエネルギー摂取量とエネルギー消費量の平衡を保つことが要求される。

If energy intake exceeds expenditure or expenditure decreases, body weight increases, resulting in obesity (see Ch. 5).
エネルギー摂取量が消費量を超えたり,消費量が減少した場合,体重が増加し,肥満となる(5章参照)。

Conversely, if energy intake is less than expenditure, weight is lost.
逆に,エネルギー摂取量が消費量を下回った場合,体重は失われる。

Body weight standards corrected for height and body mass index, which equals weight (in kilograms) divided by the square of the height (in meters), are used as guides for desirable body composition (see below).
身長で補正した標準体重,および体重(キログラム)を身長(メートル)の二乗で割った体格指数(BMI)は,望ましい体組成の指標として使われている(後述参照)。

Diets for pregnant women are discussed under Prenatal Care in Ch. 249, and diets for infants under Infant Nutrition in Ch. 256.
妊婦のための食事については,249章の「出産前管理」に,また乳児のための食事については256章の「乳児栄養」で論じられている。

◆◆Nutritional Information for the Public
◆◆栄養に関する公共の情報

Originally, the USDA proposed the Basic Four Food Groups (dairy products, meat and protein-rich vegetables, cereals and breads, fruits and vegetables) as a guide to a balanced diet.
当初からUSDAは,基本的な4つの食物グループ(乳製品,肉および蛋白が豊富な野菜,穀類とパン,果物と野菜)をバランスのとれた食事の指標として提唱していた。

In 1992, the USDA proposed the Food Guide Pyramid as a better guide.
1992年に,USDAは食物ガイドピラミッドをさらに優れた指標として提唱した。

In the pyramid, the intake of cereals was increased (from 4 servings to 6 to 11 servings), fruits and vegetables were split into 2 groups (with 2 to 4 and 3 to 5 servings, respectively), the intake of dairy and meat products was maintained (at 2 to 3 servings), and a group of fats, oils, and sweets was created (to be used "sparingly").
このピラミッドでは,穀類の摂取量が増やされ(4サービング単位だったものを6〜11単位に),果物と野菜は2つのグループに分けられ(それぞれを,2〜4単位,および3〜5単位とされ),乳製品と肉製品はそのまま(2〜3単位で)維持され,さらに脂肪,油,および菓子のグループが作られた(「控えめに消費する」とされた)。

The number of recommended servings varies, depending on a person's energy needs, which can vary from 1600 to > 2400 calories/day.
それぞれの人のエネルギーの必要に応じて,推奨される単位は,1600カロリーから2400カロリー以上/日と異なる。

The new food guide recommends reducing fat intake to about 30% of calories and increasing the intake of fruits, vegetables, and cereals.
新しい食物ガイドでは脂肪の摂取量を熱量の約30%にまで減少させ,果物,野菜および穀類の摂取量を増やすよう推奨している。

Its purpose is to supply essential nutrients as part of a healthy diet.
健康的な食事の一部として必須栄養素を供給することがその目的である。

Toward this end, the Department of Health and Human Science of the USDA has developed general nutritional guidelines that complement the Food Guide Pyramid.
こうした目的に合わせ,USDAの健康・人間科学部門(Department of Health and Human Science)は食物ガイドピラミッドを補完する総合的な栄養指標を開発している。